f:id:baryamayamayama:20170402233523j:plain


筆者 capsule 1981年生まれ


北海道の海辺の町で生まれる。ちなみに生まれた産婦人科は潰れている


同い年の妻・幼稚園児の娘・ネコの四人家族


 


リーダー気質なはずだった


小学校から中学・高校と野球に明け暮れ、中・高はともにキャプテン。


まさに、マンガの主人公のはずだった・・・。


最後の夏に敗れてから、人生を手を抜き始める。。。


意味の無い三流大学へ


高3の夏が終わると進路の話になるのだが、やれば出来る子だと思うのだが、野球部の主将を務めていたこともあり、担任の薦めで三流大学の指定校推薦で進学。


これが大きな間違い。


真剣に勉強をしたことが無く、適当な三流大学に入ったものだから、通学中もアルバイトとバンドに明け暮れ、就職活動も一切せず。


フリーター生活を一年間続けると、彼女にも捨てられ自暴自棄になる


失恋から精神的にも限界になり、地元に帰るも就職先はこれまた三流企業。


ですが、真剣にぶつかったことの無い自分にはぴったりだったのかもしれない。


そんな三流企業に勤めること10年間。


三流企業ながら、妻と出会える事もでき、一人娘も出来ました


建築関係の仕事に務める影響で、35年ローンでマイホームを建てる。


辞めるに辞めれない三流企業


 10年も勤めていると、三流企業だけあってある程度の仕事は任され、重要なポジションになってる者の給料はほぼ変わらず・・。


オーナー会社の中小企業とあっては仕方ないと諦めつつもこのままではいけないと、副業を考える。