f:id:baryamayamayama:20170507224329j:plain


GW中、大人気の公共施設に行ってきました。


北海道の秩父別町という人口2400人しかいない町で運営する屋内型の子供遊具施設「ちっくる」です


 


トランポリンあり、滑り台あり、まさに子供の楽園といった感じ!


これが、とってもよく出来ていて、安全で、しかも出来たばかりなので綺麗!


凄いな~、これはいい施設だ!


と感心したのですが、驚くべきは利用料が無料なんです!


混雑を避けるため、整理券を配布していて、遊んでいた子供達も1時間ごとに外に出て、遊びたい子だけがまた整理券を貰いなおしてから、再入場するというシステム。


人間の心理は不思議なもので、まだ遊びたいはずの子供達も、周りのみんなが退館するので、ぐずる子もいなく、きちんと節度を守って、順番どおりに出て行くのです。


ああ、日本って本当に教育が行き届いてるなぁと関心したのですが、


僕はあまりに、施設が素敵過ぎて、無料なのが逆に恐ろしく感じました!


タダが恐い。。。


サラリーマンですから日ごろから、売り上げや利益に振り回されている僕からしたら、無料なのに、こんな素晴らしいサービスが出来るなんて違和感しかありません。


この日はGW中もあり、警備員も2人出ていて、整理券を配布している人も2人。


施設内を見ている係りの人も3~4人はいたと思います。


通常のビジネスモデルならば、この施設を建設した費用や、施設を運営する運営費などを利用料から埋めていくはずです。


それがタダなんです!!


どうでしょう?


恐ろしくは無いでしょうか?


税収なんだろうけど・・・


結局は税収からなりたっているのでしょうが、とても違和感しか残りません。


とどのつまり、利益を追いかけないで、サービスでお返ししますっていう官的な考え方なのだろう。


ただ、こんなんでいいのかな?


給料が保証されている公務員。


売り上げや利益とは関係ない世界。


とても、素晴らしい公共の施設だっただけに残念です。


無くなってもらっては困るので、むしろ金を払わせて欲しいです。