~capsule life~貧乏サラリーマン脱出への道~

副業を駆使して本業以上の収入を目指そうという記録の為のブログ

スナックこそ飲食店でNO.1のビジネスモデル

f:id:baryamayamayama:20170805131504j:plain

とても興味深い記事を見つけました。 

 

president.jp

そもそも儲かるのか?

それにしても粗利率7割ってすごい。。

いや、飲食店での7割ってのはそうでもないのかもしれない・・。

でもスナックの場合は客単価が高い

ラーメン屋での単価なんて所詮1杯1000円にもならないんですもの

それが、一日何杯提供できるだろう?

朝も早くから仕込んで、日曜だろうがなんだろうが休みもありません。

ラッシュ時なんてまさに戦場です

その点、スナックは素晴らしい

夜遅いのもあるかもしれませんが、なんてったって客単価が高い

安い店に行ったって5000円はかかります

僕も仕事柄酒を飲みに行った入りするのですが、結構楽しいんですよねスナック。

そして、繁盛しているところは本当に繁盛している

別に、なんにもいいことがあるわけでもないのに、期待してしまう男の性・・。

地元に密着してゴルフコンペを開いたり、企業の二次会に活用されたり・・。

そして、食事なんかそんなにこだわる必要もないし、酒の種類もそんなにいらない。

必要なのは綺麗な(綺麗でなくても愛嬌があれば)女の子だけ

非常に優れたビジネスモデルなんですよねスナック

初期費用もそんなかからない?

初期費用も居抜きならばそんなにかからない

というか、それほど豪華な店舗などスナックには必要ない。

眩しいくらいの装飾品など必要ありません

サラリーマンがチョイ飲みするのに気疲れするような店にしてはいけません。

リピーターの確保が大事

そして、スナックのビジネスモデルでの肝はリピーターです

馴染のお客さんをつかまえれば、それはまさに金のなる木です

実際、僕の務めてる会社でもよく行くスナックなんて決まってるし、プライベートでも使ったりもしています

そして、たいてい二次会や三次会で行くから、そんなに飲めないし食べもしない。

さて、副業でスナックオーナーってのも上手くいくのかな?

やはり、優れたブレーン(ママ)を見つけるのが一番難しいのだろう。

飲食店で、一番成功しやすいビジネスモデルはスナック経営なのは間違いないな!