~capsule life~貧乏サラリーマン脱出への道~

副業を駆使して本業以上の収入を目指そうという記録の為のブログ

ブックメーカー投資におけるテニスとサッカーを分析

f:id:baryamayamayama:20170912084235j:plain

ブックメーカーで生計を建てるのは無理だろう。

でも、副業感覚の投資ならば非常に効率的だ。

www.cupsleyorita.xyz

前述したように、僕の投資は基本的にはサッカーのアンダー投資

ですが、この手法の弱点は確実性はかなり高いのだが、オッズの利益がかなり低い。

一度のBETで1%や2%がほとんど

テニスと比べて、BET出来る試合数が少ないのでかなり回転の低い投資法です

なので、僕の場合は、サッカーアンダー投資+テニスのライブBETをミックスして利益を上げて行きたいと思います

さて、自分への戒めもかねて、各BET法を分析です

テニスBETの特徴

 

  1. 試合数が非常に多い。毎日時間関係なく必ず試合が行われている
  2. 1%や2%からの大逆転劇が多々ある(個人競技の為か・・・?)
  3. BETすると気が気じゃなくて、他の事が出来ない。
  4. 逆転を喰らいそうになった時にキャッシュアウトして乗り換えてカバーできる
  5. 不利になっても「まだいける!」とキャッシュアウトのタイミングを逃しがち

 

サッカーBETの特徴

 

  1. 全ての試合がアンダー投資の対象ではない
  2. 試合時間も長いので、回転数が悪い
  3. BETしてから結果まで時間もあるので、ゆとりが持てる
  4. 日本時間の深夜に行われるのが多いので、起きていられない。

 

う~む。

どちらの投資法も一長一短です

どちらにしろ、キャッシュアウトを徹底してリスクを軽減していかないと折角の利益が一度で飛んでしまいます。

性格的に損切りというのがFXでも苦手なので、ローリスクでいいからじっくりと利益を上げていこう!