f:id:baryamayamayama:20170317150844j:plain


タイトル通りですが、2018年の手帳は決めましたか?


というか皆さんどんな手帳を使っていますか?


僕も10年前くらいから使用しているんですが、システム手帳にしてみたり、アプリで一括管理してみたりいろいろ試しましたが、結局毎年使ってるのはこれです


ダイゴー社のE1004です!


          f:id:baryamayamayama:20170317150844j:plain


 


もう、かれこれ4年か5年になりますかね?


本屋さんにいってもダイゴーはなかなか隅っこにあるような気がします


NOLTYや高橋など人気ブランドがありますが、どうして僕がダイゴーのE1004を使うか説明したいと思います!


シャツの胸ポケットに入る!


手帳ってまずは一番選ぶ最初の分かれ道。


文庫本なのか、もしくはB5サイズなのか・。。。。


さまざまなサイズがあるなかで、システム手帳だとどうしてもリングが邪魔なんです。


その分シャツのポケットには入りません。


で、このサイズは他のメーカーさんでも扱っている、いわゆる胸ポケットに収まる手帳のサイズになります


 


180度にがっつり開く!


さすが手帳一筋72年のダイゴー!(笑)


がっつり開くことが出来ます!


むしろ開きっぱなしでデスクに置いてます。


システムだとリングが邪魔くさいんでなかなかこうはいきません。


 


 


 



ダイゴー 手帳 アポイント 2018年 1月始まり ウィークリー 見開き2週間 黒 E1004

ダイゴー 手帳 アポイント 2018年 1月始まり ウィークリー 見開き2週間 黒 E1004




 



 


見開き2週間!


これまた、2週間というのが意外と少ない!


人気のあるタイプというのはやはり1週間タイプ。


使用する方の生活スタイルになると思うのですが、僕の場合は翌週の予定も気にしていたい。。。


僕の仕事サイクルは1週間単位(もしくは1日単位)で管理するスタイルではありません。


無理やり1週間使用の手帳を使ったこともあったのですが、1週間の見開きページだと翌週の予定がすぐに見ることができない、というのが多々ありました。


他のメーカーさんでも、見開き2週間の手帳はいくつか出しています。


ですが、ダイゴー社の手帳が他の有名メーカーさんと大きく違うところがあります


無地のページが非常に多い!


そうなんです!


手帳をただの予定表じゃない使い方をする人ならば、何も書いてないページが必要です!


しかも、多ければ多いほどいいはずです!


2週間見開きタイプで他の有名メーカーさんと比べて、無地のページが一番あるのがダイゴーでした!


自分で手帳をカスタマイズできるのがシステム手帳の醍醐味だとするならば


無地ページが非常に多いこの手帳は、システム手帳のようにページ数を増やすことは出来ませんが、無地ページにガンガン書き込んだり、張り付けたりできます。


まさに、自分カスタマイズ!!


なんか、ダイゴー社の回し者の雰囲気ですが、会社のノベルティでもらった手帳が使いやすかったのが最初です。


今後とも何年も使い続けていきます!